img_01

現状の不満を解消させるヤマシタコーポレーション


「もしも、現状に不満があるのなら、世界を変える?
それとも、自分を変える?」

出自は敢えて伏せ、特に深刻な相談事ではありませんが、
もし、自分が歩行困難になった時、「歩く廊下を設置するか」
「パワードスーツみたいなものを装着するか」
という選択肢を思い浮かべてから、上記の文言を思い出しました。

すべての道を歩く廊下にすることも、
パワードスーツの装着も未だ実用段階には至っていませんが、
こうした設備や運動補助道具などは少しずつ数を増やしています。
具体的に言いますと、ヤマシタコーポレーションのような
福祉・介護用品を作る会社が頑張っています。

ヤマシタコーポレーションが手掛けている商品ですが、
特殊ギミック付きのベッドから、
トイレの手すりのような簡単なものまで、幅広く取り扱っています。
ただし、どれも要介護者にとってはなくてはならないものです。
その手すりがありませんと、転んでしまい、思わぬ怪我に繋がります。
これら福祉・介護用品は便利にする道具と思われがちですが、
「不便」イコール「死」と直結されやすい分野でもあるのです。
福祉・介護用品は医療用品と同様のレベルでの
深刻さで取り掛かる必要があります。

また、ヤマシタコーポレーションは福祉・介護用品以外にも、
ホテルリネンサプライ事業や病院リネンサプライ事業も行っています。
要するに、ベッドのシーツの交換です。
医師・看護師のユニフォーム交換も
ヤマシタコーポレーションの専門分野です!!